二次会は開くべき?幹事は誰が?

二次会はやってもやらなくても可。幹事は友人や新郎新婦が行う。招待客決定、予算は新郎新婦が決定すると良い。幹事には必ずお礼をすること。近年はプロに二次会のプロデュースを任せる場合もある。

誰に依頼する?余興と祝辞は本当に必要?お礼はいるの?

乾杯は必要で、お礼は交通費を現金で渡す。祝辞は通常必要だが、式の雰囲気次第で変更可能。お礼は乾杯と同じ。退場のエスコートはなくても良く、お礼も不要。余興もなくても良く、お礼は負担にならない金額の現金か記念品を渡す。

お祝儀で稼ごう!それは卑しい考え方!?

お祝儀で稼ごうとするのは卑しい。まともな式ならお祝儀では式代はまかなえないし、お祝儀でプラスになる経費を削減した結婚式は招待客に不満しか残らない。

えっ使えない?手作り品の準備前に確認すべきこと

会場に持ち込めるか、持ち込み料金はかかるか、安くしたい場合は制作費と持ち込み料金が高くつかないか、最後に手作り品が本当に使えるかどうかを確認が必須。