人生最高の一日にするっ!そのために準備とマナーを完璧に

こちらをご覧になっているのはご結婚が決まった新郎新婦か、そのご家族の方の中でも、結婚式のマナーや決まりが気になった方でしょうか。ご結婚が決まったのでしたら、まずはおめでとうございます。

忙しすぎて準備になかなか時間が割けない方、ご結婚が決まり嬉しすぎて舞い上がり、周りが見れなくなってしまい、常識やマナーを見失ってしまう方、そもそも結婚式は出席したこともないので、結婚式のマナーが一切判らない方、結婚式には出席したことがあってもやっぱり主催側となるとマナーが不安な方。こちらをご覧になっている方は様々にいらっしゃるかと思います。

いずれにせよ、たった一度きりの結婚式ですから、失敗のない、最高の思い出にしたいですよね。失敗のない結婚式にするためには、最低限のマナーや常識を踏まえておく必要があります。

結婚がうれしすぎたあまりに、舞い上がってしまい、周りが見えなくなると、うっかりと普段からは考えられない常識破りやマナー違反をしてしまう新郎新婦は珍しくありません。

また、日常生活や打ち合わせの忙しさのあまりに、招待客への配慮を忘れてしまい、顰蹙を買う新郎新婦も少なからずいます。

例えば、友人に手作り品を依頼したのにお礼をしなかったり、依頼自体も式の日取りの直前に思いつきのように依頼していたり。依頼する態度自体も、「私たちは祝われて当然!だって結婚するんだもの!」という態度をとってしまうような方もいます。

こういった常識破りをしていると、そのときは何とかやり過ごせても、友情にヒビを入れかねず、最悪の場合、その後の付き合いをやめられてしまう可能性もあります。

忙しすぎたり、舞い上がっていたりすると、周りの人へ配慮する余裕がなくなりがちになってしまいますが、結婚式は飽くまで日ごろお世話になった方へ、感謝を込めて結婚をお披露目するものです。招待客にお祝いしてもらうためのものではありません。

結婚するのだから、お祝いしてもらって当然。結婚式だし、一生に一度なのだから、多少は迷惑かけても許してもらえる。こういった考えでいると、痛い目を見るのは新郎新婦自身です。

また、結婚は新郎新婦が新たな家庭を作るだけでなく、両家の結びつきでもあります。新郎新婦が結婚式でやった失敗は、両家の失敗にもなります。親戚にも迷惑をかけてしまいますから、失敗なく結婚式を執り行いたいですね。

失敗のない結婚式の鍵は、招待客への配慮です。手作り品を依頼する時の声かけや、お礼なども配慮の一つですよね。こちらでは、招待客への配慮、最低限のマナー、常識と共に、結婚式で失敗しがちなことをお伝えします。

こちらで紹介するマナーや常識全てを守ることは、個人個人の事情によってできない場合もあるかと思います。例えば、最寄り駅からのタクシーチケットを渡した方が良いけど、準備できないなどです。そういった場合には事前に招待客へ駅からの交通手段を新郎新婦側で準備できないこと断りを入れて謝罪しておくのも配慮の一つです。

マナー違反や常識外れの行動で招待客に呆れられてしまう前に、事前の準備をしっかりとして、結婚式に臨みましょう!

式が終わって一安心…待って!まだやることありますよ!

式直後は、仲人、会場スタッフにお礼を。式後、お礼状を書き、仲人にお礼がまだなら挨拶とお礼を。式参加者以外でお祝いを頂いていれば、半額~3分の1で内祝いとしてお礼を返す。引越しがある人は、引越し前後の住居の近隣住民へ挨拶もする。

式当日もしっかりと!当日の心得

式当日は終始、招待客全てをもてなす心で、目を合わせ、話しかけるように心がけて。当日はご飯をしっかり食べて、遅刻しないように会場入りする。

親族に「様」はつけません?席次表のルール

会社関係の肩書きは会社名、役職を省略せず書く。親戚は漢字間違いに注意。友人は学校別に書くが、友人とのみでも良い。先生は恩師と書く。敬称は基本は様で、子どもはくん、ちゃん。両親、未婚の兄弟姉妹、同居の祖父母には様をつけない。地域ごとにルールが異なるので要確認。

ちょっと冷静になって!招待客の都合も考えよう!

結婚で舞い上がっていると、事情があって式に欠席する人を非難したり、式直前に何かを依頼してやってもらって当然という態度を取りがち。失礼で友人知人を失いかねないので、相手の都合を配慮して行動が必要。